本文へスキップ
SRRP研究会とは 男性のための DV教育プログラム 研修会 ワークショップ 問い合わせ リンク
SRRP研究会とは

 ドメスティック・バイオレンス(DV)という言葉は、2001年10月にDV防止法(配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律)が施行されて以来、耳にすることも多くなりました。しかしながら、誰もがDVのある家庭というのはどんな風か想像できるかというと、難しいでしょう。
 家族の中のことであるため表面化しにくく、その被害や子どもへの影響を、両親や兄弟、友だちといった身近な周囲に訴えたとしても、なかなか理解されにくいのが現状です。被害者の方の中には相談することで、かえって心の傷を深くされた方も少なくないと思います。
 私たちは、東京都で活動を行っているNPO法人RRP研究会の活動を受け、静岡でもDVの包括的支援を行いたいと考え、発足しました。
その名もShizuoka RRP研究会です。RRPとは、カナダ ブリティッシュ・コロンビア州のプログラムの名称であるRespectful Relationship Program(尊重しあえる関係のためのプログラム)の頭文字から取ったものです。
 まだまだDV被害者への理解も、支援していく資源も少ない静岡において、重要な一資源となるべく活動していきたいと考えます。

理念
私たちSRRP研究会は、静岡県におけるDVに関する啓発活動と男性のためのDV教育プログラムを行っております。
私たちは以下の為に活動しています。
  1. DVに関する啓発活動を行うことで、DVに関する正しい知識を支援に携わる方、そして一般の方にも知っていただくことで、DV被害者への理解を広める。
  2. DV加害者に対する教育プログラムを行うことで、被害者の救済とDVを少しでも減らしていくことに努める。
沿革
2012年4月30日 SRRP研究会 設立
2012年8月31

NPO法人 SRRP研究会認可

2012年12月22日 静岡にて男性のためのDV教育プログラム(RRP)スタート(全12回)
2013年2月17日 コンカレント(被害者母子同時並行)プログラム ワークショップ開催
2013年7月27日 被害者母子のためのプログラム スタート(全3回)
2013年11月2日 男性のためのDV教育プログラム(RRP)第2クール スタート
2014年5月3日 被害者母子のためのプログラムA スタート
2014年8月27日 被害者母子のためのプログラムB スタート
2014年9月7日 コンカレント(被害者母子同時並行)プログラム ワークショップA開催
2014年11月29日 男性のためのDV教育プログラム(RRP)第3クール スタート
2015年8月31日 被害者母子のためのプログラム フォローアップセッション 実施
2015年9月5日  加害者更生プログラム(RRP)ワークショップ 開催
2015年11月28日 男性のためのDV教育プログラム(RRP)第4クール スタート予定
メンバー紹介
代 表   新谷 真弓 (臨床心理士)
理 事   上野 永子 (臨床心理士)
理 事   水越 三佳 (臨床心理士)
監 事   田中 寛規 (公務員)

今井由樹子 (臨床心理士)
片岡 梨奈 (臨床心理士)
川崎 真輔 (心理職)
豊嶋 悠人 (大学院生)
花村 智紀 (精神保健福祉士)
本田 碧  (臨床心理士)
望月佑季子 (精神保健福祉士)
藪田尚二郎 (精神保健福祉士・社会福祉士)